BamBasicからOpto Compressorが登場

エフェクター新製品情報〜from えふぇくたー探訪〜 > コンプレッサー/リミッター > BamBasicからOpto Compressorが登場

BamBasicからOpto Compressorが登場です。8月上旬発売予定です。

信号のレベルを極めて自然にコントロールする、スタジオ・クオリティのコンプレッサーです。
フォトカプラーを使用したオプト・タイプで、完全アナログ設計です。

2つのノブのシンプルな操作性で、多数のパラメータの設定に悩むことがなく、 複雑な操作に煩わされることがありません。
簡単な操作で最適なサウンドを出力します。

サウンドは太く、全帯域に対して引き締まり、ローノイズ。
素晴らしく音楽的にチューニングされたサウンドと感じていただけると思います。
音圧を整えたり、加えたり、タッチをさり気なく整えるためにお使いになる方法も良いと思います。
軽めにかけてアタックを揃え、カッティングやリズムにグルーブを加えたり、強めにかけて、倍音感とコンプレッションの効いた太いリード・トーンやリフを演出したりできます。
また、常時オンにして、ごく自然にタッチを揃えるためにお使いいただけると思います。
上側のLEDはON時にブルーに点灯し、下側のLEDはコンプレッションのかかり具合によってレッドに変化します。
上のLEDはON時にブルーに点灯し、下のLEDはコンプレッションのかかり具合によってレッドに変化します。

・コントロール
「Compress」 コンプレッションの強さを調整します。
「Volume」 コンプレッションによって変化した音量を、適切な値に調整します。

※ 電源投入後、電気回路が安定するまでに数分かかります。また、機械式スイッチのBypass方式は、On/Off時にポップ・ノイズが出ることを避けることが出来ません。これを最小にするためには、電源投入数分後にOn/Offスイッチを数回踏んで、スイッチに溜まった電荷を開放してください。低減することができます。
※ 「Compress」を上げ目の設定の場合、電源投入後の最初にスレッショルドが超えた時に極希れに一瞬歪む場合がありますが、その後は特に問題無くお使いいただけます。
※ 製品の外観、仕様は予告無く変更する場合があります。
あらかじめご了承ください。

BamBasic:名古屋に居を構えるBamBasic(バンベイシック)は、オリジナルのエフェクター製作をはじめ、カスタム・オーダーも行っているメーカー。
加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)をはじめ、石成正人、田中義人などのセッション系のミュージシャンも使用しています。

⇒⇒⇒この商品をYahoo!ショッピングで探す

⇒⇒⇒この商品をアマゾンで探す

⇒⇒⇒この商品を SOUNDHOUSE で探す

エフェクター探訪


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です